白髪染めガイド
白髪染めの仕組みと安全性
白髪染めの注意点
白髪染めの使用方法と手順
白髪染めの選び方
白髪染めのカラーガイド
白髪染めの使用方法と手順
部分染めと全体染め
生え際の白髪染め
白髪染めのパッチテスト
白髪染め後のシャンプー
白髪染め後のドライヤー
白髪染め後のヘアケア
事前に準備しておくもの
白髪染めの形状
ヘアカラー
ヘアマニキュア
ヘナの白髪染め
白髪染めシャンプー
白髪の基礎知識
白髪のメカニズム
白髪と年齢の関係
抜くと白髪は増えるの?
生活習慣改善で白髪予防
ストレス解消で白髪予防
食生活改善で白髪予防
白髪染めの評判と口コミ
いつまでも黒髪サプリの口コミと評判
カラー・ド・ボーテの口コミと評判
黒耀の口コミと評判
エフキュアの口コミと評判
レフィーネの口コミと評判
マルベールロイヤルカラーの口コミと評判
螺髪の口コミと評判
ピュアハーバルヘアカラー100の口コミと評判
利尻ヘアカラートリートメントの口コミと評判
サンカラーマックスの口コミと評判
プラシャインの口コミと評判
豊染花の口コミと評判
会社情報
個人情報保護方針
サイト利用規約
企業情報

ヘアマニキュアタイプの白髪染め

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、髪の毛の内部に色素を浸透させるヘアカラータイプとは反対に、髪の毛の表面をコーティングさせて髪の毛に色をつけるタイプの白髪染めになります。その為、髪の毛を染める際に髪の毛のキューティクルを開くことがないので頭皮や髪の毛に対するダメージはかなり少ないものになります。さらに、髪の毛の表面をコーティングするため、仕上がりもつるつるとした感触で、髪の毛につやがでるなど、綺麗な仕上がりが特長です。デメリットはヘアカラータイプの白髪染めに比べたら色持ちの効果が短く、色落ちしやすいことですが、ヘアスプレータイプなどに比べたら色持ちは長いと言えるでしょう。ヘアマニキュアタイプの白髪染めは髪の毛のダメージが少ないため、気軽に髪の毛を染め直すこともできるのが特徴です。ヘアマニキュアタイプの白髪染めには一半にクリームタイプとジェルタイプ、そしてくし付きタイプがあります。ここではそれぞれのタイプの特長についてお話していきます。


クリームタイプのヘアマニキュア

クリームタイプの白髪染めはヘアマニキュアに限らずヘアカラータイプなど、他にも多く使われている形状の白髪染めになります。クリームタイプは使いたい分だけ出して使うことができるので思い通りの部分に塗料を添付して髪の毛を染めることができます。べたつきの難点もありますが、液だれしにくいので初心者でも綺麗に髪の毛を染めることができるタイプの白髪染めになります。


ジェルタイプのヘアマニキュア

ジェルタイプのヘアマニキュアは、クリームタイプに比べて髪の毛に馴染みやすいので、全体染めにも適している形状の白髪染めになります。また、髪の毛のなじみが良いので、ロングヘアの人でも色ムラなく髪の毛を綺麗に染めることができるのが特長です。髪の毛に馴染みやすいことから短時間で髪の毛を染めることができるのもジェルタイプの白髪染めのメリットになります。


くし付きタイプのヘアマニキュア

くし付きタイプのヘアマニキュアは、あらためてくしを準備する必要もなく、容器についているくしを使用して髪の毛を染めることができるので、準備と片づけも楽にできる白髪染めになります。また、くしを使用して塗料を髪の毛に馴染ませるので、初心者の人でも髪の毛にムラなく塗料を馴染ませることができるでしょう。クリームタイプやジェルタイプに比べたら多少液だれのある可能性もあります。