白髪染めガイド
白髪染めの仕組みと安全性
白髪染めの注意点
白髪染めの使用方法と手順
白髪染めの選び方
白髪染めのカラーガイド
白髪染めの使用方法と手順
部分染めと全体染め
生え際の白髪染め
白髪染めのパッチテスト
白髪染め後のシャンプー
白髪染め後のドライヤー
白髪染め後のヘアケア
事前に準備しておくもの
白髪染めの形状
ヘアカラー
ヘアマニキュア
ヘナの白髪染め
白髪染めシャンプー
白髪の基礎知識
白髪のメカニズム
白髪と年齢の関係
抜くと白髪は増えるの?
生活習慣改善で白髪予防
ストレス解消で白髪予防
食生活改善で白髪予防
白髪染めの評判と口コミ
いつまでも黒髪サプリの口コミと評判
カラー・ド・ボーテの口コミと評判
黒耀の口コミと評判
エフキュアの口コミと評判
レフィーネの口コミと評判
マルベールロイヤルカラーの口コミと評判
螺髪の口コミと評判
ピュアハーバルヘアカラー100の口コミと評判
利尻ヘアカラートリートメントの口コミと評判
サンカラーマックスの口コミと評判
プラシャインの口コミと評判
豊染花の口コミと評判
会社情報
個人情報保護方針
サイト利用規約
企業情報

ヘアカラータイプの白髪染め

白髪染めには幾つかの種類があります。中でもヘアカラータイプの白髪染めは、一度の白髪染めで髪の毛の色を染めることができることから、手軽に白髪を隠すと共に、ファッションとしても多くの人から人気を集めています。ヘアカラータイプの白髪染めは、一度の白髪染めで効果を得ることができるだけでなく、色持ちも他の白髪染めに比べて長いため、髪の毛が太くて硬く、髪の毛の色が染まりにくい人でも簡単に白髪を染めることができるので初心者の人でも簡単に使用することができます。ヘアカラータイプの白髪染めのデメリットは、薬剤に使用されている成分が頭皮や髪の毛に刺激の強いものとなり、頭皮や髪の毛がダメージを受けるだけでなく、場合によってはアレルギー反応を起こす人もいるということです。アレルギー反応を予防するためには使用前に必ずパッチテストをすることで、アレルギーを起こす可能性を軽減することができます。また、頭皮や髪の毛へのダメージに関しては、正しくヘアカラータイプの白髪染めを使用することと同時に、一度開いて傷ついたキューティクルを労わるためにヘアカラー専用のシャンプーを使用し、定期的にヘアパックなどで髪の毛に栄養を与えてあげることが綺麗な髪の毛を維持するポイントとなってきます。また、ヘアカラータイプの白髪染めは主にクリームタイプ又は液体タイプが多くあります。クリームタイプと液体タイプにはそれぞれ特長があり、それぞれ違ったメリットとデメリットがあります。ここではそれぞれの形状に合わせた使いやすさなどについてお話していきます。


クリームタイプのヘアカラー

ヘアカラータイプの白髪染めにはクリームタイプの白髪染めがあります。クリームタイプの白髪染めは、塗料を髪の毛に添付する際にべたつきやすいという難点がありますが、それを除いては液だれもしないので、部分染めにも適している形状の白髪染めです。また、クリームタイプの白髪染めは液だれしにくいため、顔に塗料がついてしまってふき取ったりなどという作業が少ないことから、自分の思うように塗料を髪の毛につけることができ、使用中のトラブルなども軽減して白髪染めをすることができます。部分染めだけでなく、白髪染めを初めてするという人にもお勧めの形状になります。


液体タイプのヘアカラー

液体タイプの白髪染めはクリームタイプに比べて髪の毛に馴染みやすく、初心者の人でも色ムラなく髪の毛を染めることができる形状の白髪染めです。液体タイプの白髪染めは、色ムラなく髪の毛全体に馴染ませやすいことから、全体染めに適している白髪染めになります。ただし、液だれしやすいことから、部分染めにはあまりお勧めではありません。また、液だれしてしまった時のことを考え、服装は万が一色素が付着しても良い服装で、ケープを使用してカバーするようにしましょう。