白髪染めガイド
白髪染めの仕組みと安全性
白髪染めの注意点
白髪染めの使用方法と手順
白髪染めの選び方
白髪染めのカラーガイド
白髪染めの使用方法と手順
部分染めと全体染め
生え際の白髪染め
白髪染めのパッチテスト
白髪染め後のシャンプー
白髪染め後のドライヤー
白髪染め後のヘアケア
事前に準備しておくもの
白髪染めの形状
ヘアカラー
ヘアマニキュア
ヘナの白髪染め
白髪染めシャンプー
白髪の基礎知識
白髪のメカニズム
白髪と年齢の関係
抜くと白髪は増えるの?
生活習慣改善で白髪予防
ストレス解消で白髪予防
食生活改善で白髪予防
白髪染めの評判と口コミ
いつまでも黒髪サプリの口コミと評判
カラー・ド・ボーテの口コミと評判
黒耀の口コミと評判
エフキュアの口コミと評判
レフィーネの口コミと評判
マルベールロイヤルカラーの口コミと評判
螺髪の口コミと評判
ピュアハーバルヘアカラー100の口コミと評判
利尻ヘアカラートリートメントの口コミと評判
サンカラーマックスの口コミと評判
プラシャインの口コミと評判
豊染花の口コミと評判
会社情報
個人情報保護方針
サイト利用規約
企業情報

ドライヤーの必要性

ヘアドライヤーは熱によって頭皮や髪の毛にダメージを当ててしまうので使わないほうが良いという声を時々耳にします。確かに高温の熱を髪の毛に当て続けるのは頭皮や髪の毛に良いとは言えません。しかし、洗髪後に髪の毛を塗れたまま放置すると、髪の毛が蒸れて細菌が繁殖しやすくなります。さらに、ヘアドライヤーを使わずに髪の毛を自然乾燥させると、水分を含んだ髪の毛が膨張してキューティクルが毛羽立ち、その結果髪の毛にダメージを与えてしまう可能性があるのです。また、髪の毛がぬれた状態でいると、頭皮から体全体が冷えてしまい、血行不良の原因ともなりかねません。血行不良になると頭皮の血行も悪くなり、健康な髪の毛が生えてくるサイクルを妨害してしまいます。これらのことを防ぐためにも、洗髪後はヘアドライヤーを使用して頭皮と髪の毛をしっかり乾かすようにしましょう。


正しいヘアドライヤーのかけ方

白髪染め後の髪の毛や、白髪染めを使用している髪の毛は特に外からの刺激に敏感になっているため、ヘアドライヤーの使用の際にも注意が必要です。ヘアドライヤーの使用時間をできるだけ短くするためにも、洗髪後はまずタオルドライをしっかりしておきましょう。タオルドライをしっかりしておくことでヘアドライヤーによる髪の毛のダメージを軽減します。ヘアドライヤーで髪の毛を乾かす際には、温度設定を「弱」に切り替えて、必要最低限の熱で髪の毛を乾かすようにします。また、ヘアドライヤーが髪の毛に近すぎると熱を与えすぎてダメージを与えてしまう可能性があります。ヘアドライヤーは髪の毛から15センチほど離して使用するようにし、おなじ箇所に当て続けないでヘアドライヤーを動かしながら乾かしていきます。髪の毛にダメージを与えずに綺麗に仕上げるためには、水分を20%ほど残してヘアドライヤーを終了させることがポイントとなります。仕上げに髪の毛全体に冷風を当てるとしっとりと仕上がります。ヘアドライヤーは髪の毛のキューティクルを整えてくれるマイナスイオンドライヤーがお勧めです。