白髪染めガイド
白髪染めの仕組みと安全性
白髪染めの注意点
白髪染めの使用方法と手順
白髪染めの選び方
白髪染めのカラーガイド
白髪染めの使用方法と手順
部分染めと全体染め
生え際の白髪染め
白髪染めのパッチテスト
白髪染め後のシャンプー
白髪染め後のドライヤー
白髪染め後のヘアケア
事前に準備しておくもの
白髪染めの形状
ヘアカラー
ヘアマニキュア
ヘナの白髪染め
白髪染めシャンプー
白髪の基礎知識
白髪のメカニズム
白髪と年齢の関係
抜くと白髪は増えるの?
生活習慣改善で白髪予防
ストレス解消で白髪予防
食生活改善で白髪予防
白髪染めの評判と口コミ
いつまでも黒髪サプリの口コミと評判
カラー・ド・ボーテの口コミと評判
黒耀の口コミと評判
エフキュアの口コミと評判
レフィーネの口コミと評判
マルベールロイヤルカラーの口コミと評判
螺髪の口コミと評判
ピュアハーバルヘアカラー100の口コミと評判
利尻ヘアカラートリートメントの口コミと評判
サンカラーマックスの口コミと評判
プラシャインの口コミと評判
豊染花の口コミと評判
会社情報
個人情報保護方針
サイト利用規約
企業情報

生え際の白髪にお勧めの白髪染め

白髪染めで髪の毛の色を染めると髪の毛全体に色がついて、髪の毛が綺麗に見えるだけでなく、白髪が目立たなくなることで若返って見えることでしょう。しかし、白髪染めの難点は、髪の毛を染めている部分は白髪も綺麗に隠れて若々しく見えるのですが、新しく髪の毛の 生えてくる生え際はどうしても白髪や髪の毛本来の持つ黒い色が目立ってしまうものです。こういった生え際の白髪にはやはり部分染めがお勧めになります。全体染めは、既に髪の毛に色がついている部分にも塗料がついてしまい、何度も重なって白髪染めが使われている部分は繰り返し髪の毛のキューティクルが開かれてしまうため、白髪染めの度に髪の毛がダメージを受けて、ボロボロになってしまいます。
また、効果を得るのに時間はかかりますが、シャンプータイプの白髪染めは毎日使用することで髪の毛の色を染めることができるので、生え際が目立つことなく白髪を染めることができます。


生え際の白髪染めのポイント

髪の毛の生え際に白髪染めを使用する際には部分染めがお勧めです。白髪染めの中には部分染め専用の商品もあり、部分染め専用の白髪染めは量も少ないため全体染め用の白髪染めに比べたら安価なものが多いでしょう。また、部分染め用の白髪染めは髪の毛の生え際のみに塗料をつけやすくするため、塗料の入っているボトルの先が細いものなどがあります。部分染め用の白髪染めが手に入らない場合は、通常の全体染めにも使用できる白髪染めを使用して部分染めをすることもできますが、その場合はやはり液だれしにくいクリームタイプの白髪染めがお勧めです。髪の毛へのダメージを最小限に抑えるためには、過去に白髪染めを使用した部分に白髪染めがつかないようにしながら部分染めをすることがポイントとなってきます。部分染めをした後も全体染めと同じく、ヘアカラー専用のシャンプーを使用して洗髪し、定期的にヘアトリートメントやヘアパックを使用して髪の毛に栄養を与えてあげましょう。