白髪染めガイド
白髪染めの仕組みと安全性
白髪染めの注意点
白髪染めの使用方法と手順
白髪染めの選び方
白髪染めのカラーガイド
白髪染めの使用方法と手順
部分染めと全体染め
生え際の白髪染め
白髪染めのパッチテスト
白髪染め後のシャンプー
白髪染め後のドライヤー
白髪染め後のヘアケア
事前に準備しておくもの
白髪染めの形状
ヘアカラー
ヘアマニキュア
ヘナの白髪染め
白髪染めシャンプー
白髪の基礎知識
白髪のメカニズム
白髪と年齢の関係
抜くと白髪は増えるの?
生活習慣改善で白髪予防
ストレス解消で白髪予防
食生活改善で白髪予防
白髪染めの評判と口コミ
いつまでも黒髪サプリの口コミと評判
カラー・ド・ボーテの口コミと評判
黒耀の口コミと評判
エフキュアの口コミと評判
レフィーネの口コミと評判
マルベールロイヤルカラーの口コミと評判
螺髪の口コミと評判
ピュアハーバルヘアカラー100の口コミと評判
利尻ヘアカラートリートメントの口コミと評判
サンカラーマックスの口コミと評判
プラシャインの口コミと評判
豊染花の口コミと評判
会社情報
個人情報保護方針
サイト利用規約
企業情報

白髪染めが髪の毛の色を染める仕組み

一般に多く使われているヘアカラータイプの白髪染めには1剤と2剤を混ぜて使用するものが多くあります。髪の毛の1剤には、ジアミン系の色素中間体が配合されており、2剤には過酸化水素が配合されています。このふたつの成分を混ぜ合わせると、2剤の酵素が働いて1剤の成分が酸化し、ヘアカラー独特の色に発色します。これがヘアカラーで髪の毛を染める色になるわけです。
1剤と2剤がよく混ざって色が発色したら、次にこの成分を髪の毛に添付していきます。これらの成分が髪の毛に添付されると、1剤に含まれていたアルカリ剤が髪の毛のキューティクルを開いてカラーを髪の毛の内側に浸透させます。このアルカリ剤は、髪の毛本来が持つメラニン色素を分解して脱色させる働きがあります。カラーは髪の毛の内側に浸透すると、結合し合って水に溶けない成分に変わります。こうすることによって髪の毛の色が変わり、シャンプーなどで洗髪しただけでは色落ちがしない状態になるのです。


白髪染めの安全性

白髪染めを使用するにあたり、多くの人が心配するのが肌荒れや頭皮や髪の毛へのダメージではないでしょうか。ヘアカラータイプの白髪染めは色落ちもせず、綺麗に色が染まりやすいのが特長ですが、カラーを髪の毛に浸透させる際に髪の毛のキューティクルが開かれるので髪の毛もダメージを受けやすくなります。髪の毛のダメージを少しでも軽減させるためにはヘアカラーによって開いたキューティクルを閉じることがポイントとなってきます。ヘアカラーの後は必ずヘアカラー専用のシャンプーを使用して髪の毛を労わるようにしましょう。
また、まれに白髪染めに含まれる成分にアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。症状としては肌荒れを初め、めまいや呼吸困難などの深刻な症状をもたらす場合もあります。白髪染めを使用する前には必ずパッチテストを行って、お肌やからだへの異常反応が見られないか確認してから使用するようにしましょう。パッチテストで問題がなくても中には実際に髪の毛を染めている時に何らかのアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。万が一使用中に異常を感じたらすぐに使用をやめ、医師の診断を受けましょう。